成人式の記念写真もスムーズに~思い出フォトメイキング~

今時の七五三

七五三

お宮参り以外の行事

子供の行事に七五三があります。七五三は室町時代が起源と言われていて、江戸時代の武家社会を中心に関東から日本全国各地へ広まったのです。そんな七五三は男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳にそれぞれの意味を持っています。まず三歳ですが、男女ともに髪を伸ばし始める髪置、五歳は男の衣服である袴を着用する袴着、最後に七歳は女の子のキモノオビの装い始めである帯解のがあります。しかし、現代では子供を思う両親の愛情表現の行事になっています。また、七五三はテレビコマーシャルでも紹介されているうように記念写真の撮影が行われています。記念写真の撮影は神社だけでなく、写真スタジオでも行われているのです。写真スタジオの場合だと衣装が豊富ですし、リーズナブルな価格で撮影ができます。

洋装も楽しめる

七五三の写真撮影というと、以前は和服が定番でした。しかし、時代の流れから今では洋装もできるようになっているのです。特に女の子の場合ですと、ドレスが目立ちます。ドレスはオリジナルデザインのものだけでなく、人気キャラクターのコスチュームもありますので、このことからドレスを選ぶ女の子が多くなっているのです。もちろん和装を選ぶ子供も大勢ます。昔ながらの和装もとても可愛いので、和装と洋装の撮影が出来るプランを選んで写真撮影をやってみるのも良いでしょう。今では殆どの写真スタジオで衣装を沢山着用する事ができるプランを提供しているので、和装と洋装をしっかり楽しむ事ができます。