成人式の記念写真もスムーズに~思い出フォトメイキング~

初行事を残す

赤ちゃん

初めての行事

赤ちゃんの初めての行事にお宮参りがあります。お宮参りというのは、その土地の守り神である産土神に赤ちゃんの誕生を報告し、健やかな成長を願うための行事なのです。お宮参りは昔では氏神様に参拝をし、氏子として神様からの祝福を受ける行事、そしてお産の忌明けの儀式の意味がありました。現代では無事に生まれたとに感謝をし、健やかに成長することを願う行事になっているのです。また、お宮参りの際には、記念に写真撮影を行ないます。写真撮影は今では写真スタジオで行なうことが定番になっています。写真スタジオでの撮影ですが、スタジオによってプランや衣装の種類が違ってきます。ある写真スタジオのお宮参りの撮影では、人気キャラクターや昔話の英雄のコスチュームなどがあります。衣装でも楽しくお宮参りの写真撮影ができるようになっているので、事前に写真スタジオでの撮影プランや衣装の種類などを調べておくと良いでしょう。

お参りについて

記念の写真撮影も大事ですが、お宮参りは神社へお参りへ行くことになっています。昔はその地域の氏神様が奉られている神社へ行くことが定番でしたが、今ではどこの神社でもいいことになっています。また、お宮参りの時期ですが、男の子と女の子で違っているのです。男の子の場合だと生後31日か32日め、女の子は32日目か33日目が良いと言われているのです。しかし、夏や冬だと暑さ寒さで大変な思いをしますので、行きやすい季節になってからでも良いと言われています。また、昔と同じように神社で写真撮影をすることもまだ行われています。季節次第でスタジオか神社での写真撮影を決めても良いでしょう。